だるさとサヨナラ!夏バテ対策特集

今年も猛暑の日々が続いていますね。外に出れば蒸し暑いし、職場や電車の中は長袖が必須の冷房地帯。『寒冷』『猛暑』の2つの気候に身をさらし、体がギブアップしていませんか?
疲れが取れない」「朝からやる気が起きない」「日中早くから疲れが出る」「食欲がない」「眠れなくてイライラする」‥これは『夏バテ』の症状です。ダルさに早く別れを告げて、楽しい夏を過ごしましょう!


夏バテってなぁに?
日本の夏は温度・湿度とも高いので、人は体にたまってくる熱を捨てて、体温を一定に保とうとします。体は夏の暑さに何とか対抗しようと必要以上のエネルギーを消費し、かなりの負担に耐えます。
が、その暑さに適応できず、自律神経に狂いが生じてくると、水分の循環がうまくいかず、熱をうまくさげられなくなって、熱が出る・だるくなって胃腸の働きが弱まり食欲もない‥といった症状が出てきます。そうやって無理も限界に近づき、体がバテた状態‥が文字通り『夏バテ』です。
現代ではこれに「精神的ストレス」や「冷え」が加わって『夏バテ』を一過性でない深刻なものにしています。


夏の体のメカニズムを知ろう!


自律神経の狂い
夏バテを起こす最大の原因は、屋外と室外の温度差が冷房によって大きくなり過ぎ、自律神経の働きが鈍化することです。体は5度以上の温度差に対してショックを受けます。冷房の効いた室内と、高温・多湿の屋外を出たり入ったりすると自律神経は体調調節をうまくコントロールできなくなり、内臓等体全体の変調もきたします。
その結果、頭痛・脱力・動機・頻脈になったりする場合もあります。さらに人工的に熱に奪われて、体のバランスを乱し、倦怠期・腰痛・肩こり・手足の冷えしびれなどの症状を伴う、いわゆる『冷房病』にかかります。


水分の循環
熱を放散し、体温を一定範囲に維持するには、汗の原料になる『水』が必要です。
うまく汗が出ないと、体温が上がり、恒温動物である人間の体のメカニズムは狂ってしまいます。夏場は軽作業でも、1日の2〜3リットルの発汗。また平均的な尿量は1日1.5リットルもあります。汗は『ごく薄い尿』です。汗をかいたり、水を飲んだり‥と、この水分の出納バランスが崩れることはよくありません。
血液にも悪影響を与え、むくみ・鼻水・頭痛などが出たり、ひどい時には嘔吐・下痢などの胃腸症状が現れます。


胃腸の働き
猛暑の中、体の中心部を冷やすのは良い事のように感じられるかもしれませんが、急激に温度の低いものが入ると、消化・吸収がうまくいかなくなります。同時に冷たいものを食べて胃腸の温度が下がると、消化管内の消化酵素の働きも低下すると考えられます。暑さで食欲がなくなると、胃腸の消化吸収によって起こるエネルギーが減少し、体温上昇を防いでいます。
しかし食欲がないからと言って、冷たい食べ物や飲み物、そば・うどん・そうめんばかりだと栄養とエネルギー不足に陥り、体力は減少し、疲れはたまるばかりです。


「夏バテかな?」と思いつつ疲れた体のままになっていませんか?
症状が長引いて『夏バテ』がひどくならないように、自分自身でしっかり解消していきましょう。
では早速これから日常生活で実践できる具体的な<夏バテ解消法>をお教えします!


冷房の使い方!教えます!!
自然の涼風が入ってくる家屋ならば、心地よく過ごせるのですが、コンクリートとアスファルトで固められた都市部では『冷房』は必需品です。
体への害が強調される『冷房』ですが、全く冷房なしの生活は難しいのが現状です。そこで考えるべきは『冷房』の使い方!!


除湿しよう!
湿度が低いと体の気化熱が発散されやすいので、除湿に心がけましょう。
乾燥しているよりある程度の湿度がある方が体には良いのですが、高温の上に湿度が高いと、かいた汗が蒸発せずに皮膚はベタついて不快になり、気化熱で熱を放散することができず体に熱がこもってしまいます。
つまり暑さ対策の最大の課題は『湿度を下げる』こと!!
湿度40〜50%位まで下げると、暑さによる不快感はかなり減少します。


外気温より5度低く
室内に入って落ち着いた時に、不快感を感じない程度を目安にしましょう。
夏の快適温度は25度前後。冷房温度の外気との温度差は5度以下が望ましいのです。
しかし日中、外気は40度近くあり、5度以下の温度差では快適温度にはほど遠いのが現実。
そこで体で感じる快適温度を目安にしていきましょう。室内にはいると同時に「涼しい!!」と感じられるのは冷やしすぎです。


"涼"を呼ぶ工夫
夕方、気温が下がったらエアコンを止めて窓を開ける、等こまめに体温調節をしましょう。同じ温度でも、空気が動くと、体表からの熱を発散させやすくなります。風邪が上向きに出るエアコンや、扇風機との併用が良いでしょう。
但し、固定した風邪では局所的に温度を奪われてショック状態に陥ることもあるので注意!です。
また冷房だけに頼らず、夕風が立つ頃には冷房を止めて窓を開けるなど、調節はこまめに行ない、衣服の着脱での体温調節も上手にしましょう。
また現代の日本家屋でもできる、すだれ・よしず・打ち水・風鈴などの工夫を!
心理的な効果も大きいのです。

次へ